胡蝶蘭の植え替え

胡蝶蘭を植え替えるときに使う鉢は?

更新日:

胡蝶蘭を植え替える鉢は、どんなものを使うの?

胡蝶蘭の植え替えは、どのくらいのサイズで、どんなものを使ったらいいでしょうか。

プロの胡蝶蘭生産者は、ポリエチレン製の鉢にミズゴケを使って植えたり、

素焼きの陶器鉢にミズゴケで植え替えたりします。

水コケ

胡蝶蘭を植える前に一度ぬらしたミズゴケ。
このコケが少し乾jき、ボリュームが出るまで待ってから植替えに使います。

なぜ違う方法をとるのかは、その胡蝶蘭を育てる人の考え方によるのですが、

ポリポットで植える場合は、鉢内の湿度を維持し、
胡蝶蘭が必要とするものを適宜与えどんどん大きくするための環境を作ります。

 

素焼きの鉢を使う方は、

鉢の中の通気性を重視することで根の量を多くして
胡蝶蘭の持つ根の量を増やすことで健全性を保とうとするようです。

胡蝶蘭の植え替えに使う鉢のサイズ

1011_ 103

この画像は胡蝶蘭が植わった3.5号のポリポットを4.0号の素焼き蜂に入れてあります。

大輪の胡蝶蘭の多くは、3.5号の鉢で育てられています。

胡蝶蘭は、他の植物と違い、新しい株を増やすことはあまりなく、

上へ上へと新しい葉を増やしながら次の花を咲かせていく一茎性の蘭なので、

よほど大きな株にならなければ鉢のサイズは、さほど大きくする必要はないようです。

下記画像は、左が3.5号、右が4.0号の鉢です。

胡蝶蘭を植え替える鉢

一般的には大体このサイズのものを使って植え替えを行います。

ミディー胡蝶蘭、ミニ胡蝶蘭の場合は、当然ながらもっと小さい鉢を使い植え替えをします。

-胡蝶蘭の植え替え

Copyright© 胡蝶蘭 情報局 , 2019 AllRights Reserved.