胡蝶蘭の育て方

胡蝶蘭 花が終わったらどうやって育てればいいの?

投稿日:

 胡蝶蘭 花が終わったらどうやって育てればいいの?

すべての花が終わったら

先ずは、

【余計な花茎を切る】です。

胡蝶蘭の育て方

花が終わった後の胡蝶蘭管理

1:胡蝶蘭の花が咲いていたところのすぐ下で花の付いていた茎を切ってください。
(今までに花を咲かせたところはもう花が咲きませんが、その下の節は数ヵ月後にもう一度お
花を咲かせることが在ります。)
2:もう楽しまなくてもいいという場合は、

下から2節位を残して切ってください。

(あまり下の方で切りすぎると、そこから株に腐りが入ることがあります。)
3:茎の沿った支柱のテープを切り離し、

支柱を抜いてください。
束になっている支柱は抜けにくいので

テープをカッターで切ってバラバラにしてから抜いて下さい。
まっすぐな支柱は、1,2本保管しておくと

次に花が咲いたとき利用可能です。

胡蝶蘭は大きな鉢のままでは育てにくいので分解したいと思います。
1:ラッピングを外す

2:表面を覆っているコケを取り除く

3:大きな鉢の中に入っている小さな鉢を取り出す。

胡蝶蘭育て方

ここからがミソです
1つずつの小さな鉢を一度しっかり乾かして、

この先育てられるかどうかを確認するために
そのまま3.4日放置します。

よほどカリカリに乾いているようでなければ

その間に、水は与えません。
もしかしたら胡蝶蘭の葉っぱが黄色くなってアせってくるかもしれません(笑)
でも大丈夫?です。

その葉はいずれ落ちる葉です。
腐ったり、枯れて行く葉は、

この時点で何をしてもいずれ葉を落とすので、あきらめてください
さてここで、

この後育てる価値があるか、

育てても腐ってしまうかを判別します。
残す株(今から育てられる株)

○ 青々して全く元気な株

○ 下の葉だけ落ちた株。上のほうの葉が残っている株
処分する株(近いうちにダメになってしまう株)

× 一番上の葉が落ちてしまった株

× 葉がほとんど落ちてしまった株

 

残念ですが上記の×が付いたような場合は、

いずれ腐ってしまいますので、

今回は諦めて処分してください。

胡蝶蘭の置き場所

今後の置き所。
直射日光の当たらない明るい場所へ置いてください。

夏は、暑くなり過ぎない所、
冬は、暖かいところへ置いてください。
鉢にいつも水が付いているような

受け皿に水を溜めるような水やりはしないで下さい。

胡蝶蘭への水遣り

葉の付け根(中心部)にたまるような水はかけないでください。
水のあげ方は、

相変わらず、「乾いてからやる」です。

胡蝶蘭の花は

胡蝶蘭が育ち、多くの場合、葉が3枚以上大きく育つと、

日本の一般的な環境でしたら花芽が上がってきます。

 

-胡蝶蘭の育て方
-

Copyright© 胡蝶蘭 情報局 , 2019 AllRights Reserved.