胡蝶蘭の育て方

胡蝶蘭 植え替え | 水苔ミズゴケで胡蝶蘭の植え替えを行う方法

投稿日:

胡蝶蘭の植え替え基本的な考え方

素焼きの鉢に上質の水苔を使う組み合わせが胡蝶蘭の水遣りを容易にします。

プラスティックの鉢には木のバークチップ等もおすすめです。

水苔で胡蝶蘭を植える準備

*胡蝶蘭など蘭科植物を植えるとき、水苔をぬらしてすぐに使ってはいけません。
一晩置いておくことで輸送用に圧縮されたコケにボリュームが出て、コケそのものの持つ機能を活用できます。

コケを水でぬらした後、一晩置くことができれば、
胡蝶蘭の植え替えの半分は成功といっても過言ではありません。

濡れ過ぎていても乾き過ぎていても後々水遣りや、根の発育に問題が生じやすくなります。
*植え替えをする前に胡蝶蘭にたっぷり水を与えて下さい。
そのことで胡蝶蘭本体を鉢から抜きやすくなり、根の裂傷やちぎれなどを最小限に抑えることが可能です。

胡蝶蘭植え替えの豆知識
ミズゴケで鉢に植え替える時のコケの硬さについて。
一般的に、人の肌の硬さがいいといいますが、柔らかければ水の乾きが遅く、
硬ければ乾きが少し早くなります。
柔らかいと水苔の傷みも早くなります。初心者は若干硬めがお勧めです。

胡蝶蘭植え替えの豆知識2

植替え時の注意。胡蝶蘭をあまりコケで深く隠してしまわぬように注意してください。

 

鉢増し時(鉢を大きくするとき)の植え方

胡蝶蘭を鉢から抜いた状態で、外に出ている根を出来るだけふかふかにコケで包みます。鉢から抜いたコケの塊
の側面にコケをふかふかにまく感じですそのまま新しい鉢に押し込み、はみ出たコケを押し込みます。
(なれないうちは 竹べらや、細めのドライバーなどがあると便利です)

 

古い水苔を取り除いて新しくするときの植え替え方

胡蝶蘭が植えられて時間が過ぎると、水苔も古くなって痛んできます。
また、管理がよくないと、根が黒く腐りかけていたりします。そんなときは、
痛んだ水苔や根を取り除き、新しい水苔で植え直します。

コケに根を差し込むように巻き、フカフカの状態で鉢の径より大きくなるくらいの塊にして手に持ち、
先ずは鉢に押し込んでから、
鉢の外に出ているコケを外側へ外側へ(鉢の中で)鉢の側面にこじり込むように押し込みます。

こうすると胡蝶蘭は、コケが盛り上がった頂点にくるようになります。

上から全体を押し込むとコケの表面がペシャンコになって通気や給水がうまく行きません。
うまく外側へコケを持っていくとコケの表面は毛羽立って通気性も、吸水性も良くなります。

水苔を水に濡らしてすぐに植えようとするとうまく行きません。
水苔の深さは、鉢の8分目くらいの深さに植えましょう。

胡蝶蘭の植替え時期について

植替えは、生育旺盛な蘭の場合は1年に一回、そうでない場合、2年に1回くらいの植え替えをお勧めします。
水やりに失敗してコケが黒くなってしまったときは根傷みを防ぐために、植え替えてください。

時期は日本本土平地で5-7月がお薦めです。夏に暑すぎる場合は9月中旬くらいなら可です。

-胡蝶蘭の育て方
-,

Copyright© 胡蝶蘭 情報局 , 2019 AllRights Reserved.