胡蝶蘭の育て方

胡蝶蘭の育て方ワンポイント

更新日:

胡蝶蘭 育て方ワンポイント

胡蝶蘭をお祝いなどでもらったとき、

胡蝶蘭を育てる上で、やってはいけない5つのポイント

胡蝶蘭の花、特に中央部に触らないようにしてください

5-5

胡蝶蘭の花中央の先端(花粉カバー部)に触れると花は受粉したと感じ、

短期間でしぼんでしまいます。長く楽しむためにご注意ください。

 

胡蝶蘭を直射日光に当てないでください。

5-4

直遮光に当たると胡蝶蘭は葉がやけどを起こし、そこから雑菌が入り、腐ってしまうことがあります。

 

冬は胡蝶蘭を寒い場所におかないでください。

5-3

既に咲いている花は人が普通にして居られる温度なら大丈夫です。

10℃以下の温度で長時間冷えると蕾が開く前に枯れてしまうことがあります。特に冬はご注意ください。

 

胡蝶蘭をエアコン・ヒーターなどの冷風・温風に当てないでください。

5-2

一般的な乾燥は、さほど気にかける必要はありませんが、エアコンなどの極度に乾いた風を長時間あてると、胡蝶蘭が乾き過ぎてお花が傷みます。

 

胡蝶蘭の植わっているコケが湿っているときは、水を与えないでください。

5-1

胡蝶蘭が植わっているコケが乾いてから水をやって下さい(コップ1杯程度)。

常時湿ったままだと、根や葉が腐ってしまうことがあります。特に温度の低い時期は植え込み材料がしっかり乾くまで待って水をやってください。

 

-胡蝶蘭の育て方

Copyright© 胡蝶蘭 情報局 , 2019 AllRights Reserved.