胡蝶蘭の育て方

胡蝶蘭 育て方 | 温度環境で育てやすい胡蝶蘭

更新日:

胡蝶蘭を育てる温度

胡蝶蘭を育てるには、少し暖かめの温度が必要です。

もともと胡蝶蘭はインドネシア辺りから台湾辺りにかけての熱帯亜熱帯に野生で存在する植物です。

胡蝶蘭と同じように同じ地域に存在する蘭の仲間には、

もっと低い温度でも耐えられる蘭もあります。

その耐性の違いは何かというと

胡蝶蘭を組成するたんぱく質成分との違いから、

胡蝶蘭の耐えられる限界低温よりももっと低い温度で

そのたんぱく質が変質するする為、

胡蝶蘭よりも低い温度まで耐えられるようです。

 

近年は、機密性の良い住宅が増え、

胡蝶蘭の生育温度15℃以上を維持できる環境を維持できるご家庭も多いようです。

 

本当は、このような温度計で

temp

 

最低気温と最高気温の管理が出来るとよいのですが、

実際に胡蝶蘭を置いた部屋の温度管理(温度調節)が胡蝶蘭を中心に考えた形で

出来なければあまり意味が無いので、胡蝶蘭育てにのめりこんでからでも遅くは無いでしょう。

 胡蝶蘭の温度

さて、胡蝶蘭は何度でうまく育つかご存知でしょうか。

大輪の、一般的な胡蝶蘭で、

最低温度だけを見て話をすると、

栄養成長:葉を増やすだけの成長には20度以上の最低気温が必要です。

花芽分化:葉を増やす栄養成長から、生殖成長に変わる花芽分化には、18℃以下の温度環境が必要になります。

実際の一般家庭での胡蝶蘭の温度管理

ただ実際には、日本で胡蝶蘭を育てると、

夏の間は、何もしなくても20度以上の温度があり、

秋になれば18度を下回る温度になってきます。

ですので、冬に胡蝶蘭が低温すぎて枯れてしまわなければいいだけのことになります。

つまり、

冬の間、15℃そこそこの温度がある部屋においておくことが出来れば、

あとは水遣りを間違わなければ胡蝶蘭は割と簡単に日本の一般家庭で育てることができる訳です。

あなたが、高気密なマンションなどにお住まいなら

胡蝶蘭は充分育てられます。

育毛シャンプー 中古車相場

-胡蝶蘭の育て方
-,

Copyright© 胡蝶蘭 情報局 , 2019 AllRights Reserved.